キッチン収納、スライドタイプのメリット・デメリット

みなさん、こんにちは。
提案力・技術力に自信あり!古川オール・リフォーム担当の久保です。

 

キッチン収納といえば、スライドタイプ。コンロ、調理台、シンクの下がスライド(引き出し)になっているタイプが圧倒的に人気。

メリットは、なんといってもすっきりと収納でき探しやすいこと。

 

当社でリフォームする方の半分以上が、スライド(引き出し)タイプを選択されます。従来の開き戸タイプでは、しゃがんだり立ったり、奥の物が取り出しにくかったり。身体への負担や手間がかかりすぎていました。

 

でもスライド(引き出し)タイプならそんな悩みを解消してくれます。
立ったままでも全体を一目で確認でき、手前まで引き出せば奥の物も出し入れが簡単。

フライパンやお鍋、調味料や油なども納めてしまえば、キッチンがすっきりしてキレイ。
キッチン収納は広さという部分にも影響してきますね。

 

人気のスライドタイプ。その注意点。

 

唯一のデメリットとして考えられるのが、従来の開き戸タイプからリフォームをする場合は、注意が必要です。

 

それは、収納量が減る場合があるということ。

 

スライドは、キャビネット(食器戸棚)がそのままはいったような形をしています。
外枠の中に引き出しをつけるので内容量が限られてきます。
今持っている調理器具を収まらないなんてこともあるかもしれません。
しっかり、収納量も確認しておきましょう。

 

自分のキッチンスタイルを優先に!

 

キッチンリフォームをしても、変えられないのが自分自身のキッチンスタイル。
収納は多い方がいいと考え、あれこれ機能をつけても結局使わなくてはムダになります。

 

包丁やおたま、キッチン小物関係の収納に便利なアシストポケット。
キッチン上のウォールユニットに自動昇降のついた水切り棚からビルトインの食器乾燥器。

 

本当に必要かどうか迷ったら、ご自身のキッチンスタイルを優先させましょう。

 

  • 迷ったら、ショールームへ行こう!リフォームのプロがご案内いたします。
  • キッチンリフォームのご相談は、下記お電話かメールでお願いいたします。
  • TEL:0120-811-340  お問い合わせはこちら

『LAQU-OS』弊社もお取扱いしております!

PAGE TOP